三木「第九」合唱団

トップページ > 三木「第九」合唱団

昭和62年に結成された三木「第九」合唱団は、平成18年に20周年を迎えました。毎年7月から20数回の練習を経て、12月に三木市文化会館大ホールで一流の指揮者、オーケストラ、ソリストを招き、三木「第九」演奏会を盛大に行っております。演奏会には、平成17年より、市内の小・中学校、子ども達の合唱団による「大地讃頌」の合唱も盛り込み、三木市の年末を彩る一大文化行事として定着しています。

次へ
第九合唱団員募集 2019/03/07

市民参加二大文化事業
第33回三木「第九」合唱団

第九合唱団員募集!!
一流のオーケストラ大阪フィルハーモニー交響楽団で「第九」を歌いませんか?「第九」であなたの人生をもっと豊かに!

三木「第九」合唱団  廣瀬和孝
☆第1章☆プロローグ
「第九が歌えたら格好ええやろなぁ」「第九を歌うのは気持ち良さそうやなぁ」と軽いノリでこれを読み始めたあなた、あなたはたった今、人生の岐路に立ってしまったのです。あなたがここで一歩踏み出すかどうかは、これから先のあなたの人生を大きく左右するといっても過言ではありません。

☆第2章☆どうしようか迷っているあなたに
高い声が出ないと思っているあなたに:
「あんな高い声なんか出るわけないやん」と思っているあなた、鼻歌でハミングしてみてください。鼻の奥でなら相当高い音でも響かせられるはずです。お腹に少し力を入れて、ちょっとしたコツさえつかめれば、ある日突然高い歌声が口をついて響いてくるのです。誰にでもできます、もちろんあなたにも。
楽譜が読めないと諦めているあなたに:
楽譜を見てメロディーを歌える人は、この世の中にそういるものではありません。我々凡人は、CDを使って耳から何度も聞くことによって自然に覚えるのです。ドイツ語の歌詞もメロディーも、繰り返して聞きさえすれば、そんなに苦労せず自然に覚えてしまいます。これは、私を含めた「楽譜音痴」の多くの人々によって実証されています。
自分は三木市民じゃないし…と思っているあなたに:
かく言う私もよそ者ですが心配ご無用、よそ者は何人もいるし、三木市民はとてもフレンドリーで、 誰でも温かく迎えてくれます。それに、時々アメをくれたりします。

☆第3章☆メリットがいっぱい
体も心も元気になります
腹筋を使って全身で声を出すので、知らず知らずのうちに体力がつきます。それに楽しく歌うことで、日ごろのストレスも吹っ飛んでいきます。おまけに新しい友人を作るチャンスでもあります。
楽団を後ろから鑑賞できます:
本番では、フルオーケストラのすばらしい演奏を後ろから聞くことになります。汗がほとばしる指揮者を正面から鑑賞することができます。こんな経験はそうそうできるものではありません。

☆第4章☆エピローグ
それでもまだ迷っているあなた、どんなごちそうでも、一口も食べなければそのおいしさを全く知らないままに終わってしまいます。もし少しでも第九に興味を持たれたなら、とにかく一度見に来てはいかがでしょうか? 続ける続けないはそれから決めても遅くはありません。その好奇心と行動力が、あなたのこれからの人生をもっともっと面白くしてくれることでしょう。今年の年末、皆さんと一緒に「第九」が歌えることを楽しみにしています(^^)/

≪演奏会≫
2019年12月7日(土)15:00〜
場所:三木市文化会館大ホール
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
指揮・ソリスト:未定

≪練習日程≫
2019年7月〜12月6日(金)毎月4〜5回
日曜日・祝日:14:00〜16:30
木曜日:19:00〜21:00
場所:三木市文化会館・三木市立市民活動センター(福祉会館)

≪会費≫
大人:8,000円
大学生・専門生:1,000円
高校生以下:500円
※楽譜(実費)
※練習から本番出演までの料金となります。

≪申し込み・お問い合わせ≫
三木市文化会館 0794-83-3300


交流会 2019/02/28
クリックで画像ウィンドウが開きます

テーブルより


交流会 2019/02/28
クリックで画像ウィンドウが開きます

テーブルより


交流会 2019/02/28
クリックで画像ウィンドウが開きます

テーブルより


交流会 2019/02/28
クリックで画像ウィンドウが開きます

テーブルより


次へ